So-net無料ブログ作成

fedora 14 64bitをVMware Playerにインストールする [How to]

fedora prpject」のサイトに行く。
[1][2][3][4]と切り換わるページの[1]に表示されている[その他のオプション]をクリック。
Gnome desktop の64bit版をダウンロードする。

ファイル名はFedora-14-x86_64-Live-Desktop.isoになる。

VMwareの仮想マシンを作成する。
作成方法は「ubuntu10.10 64bitをVMware Playerにインストールする」と同じように行う。

仮想マシンが作成できたら仮想マシンの再生を行う。
起動カウントダウン画面
カウントダウンが行われる。
ライブCDのログイン画面 画面下に言語とキーボードの選択ボタンがある
ライブCDのログイン画面になる。
旗のアイコンがある場所が言語を表している。
Englishと表示されている。
隣のボタンをクリックしotherを選ぶ。
言語選択ウィンドウ 日本語を選択している
言語選択のウインドウが開く。
日本語を選択しOKをクリックする。

同じようにキーボードがUSAになっているのでボタンをクリックしotherを選択するとキーボードレイアウトの選択ウインドウが開く。
キーボードレイアウトの選択ウインドウ Japanを選択している。
Japanを選択しOKをクリック。

ログインする。
フォルダ名変更画面
フォルダ名を日本語に変更するかと聞かれるので[名前を変更する]をクリックする。
LiveCDディスクトップ
[ハードディスクにインストール]をダブルクリックする。
インストーラ最初の画面 入力項目なし
インストーラーが起動する。[次]
インストーラー キーボード選択画面
日本語になっている。[次]
ストレージタイプの選択画面 基本ストレージとエンタープライズストレージがラジオボタンで選択式になっている
[基本ストレージ]のまま[次]
ディスクエラー画面 無視 全てを無視 再初期化 全てを再初期化のボタンがある
[全てを再初期化]をクリックする。
ホスト名入力画面
ホスト名を変更する。[次]
タイムゾーンの選択画面 アジア/東京になっている。システムクロックでUTCを使用にチェックが入っている
システムクロックでUTCを使用のチェックは外したほうがよが外すのを忘れた。
これを外さないと時間が9時間ずれる。[次]
ルートパスワード入力画面
パスワードを入力する。確認用も入力する。[次]
インストールするタイプの選択画面
[次]
書き込み確認画面 戻る、変更をディスクに書き込むの2つのボタンがある
[変更をディスクに書き込む]をクリック。
インストーラー完了画面 入力項目なし
[閉じる]
LiveCDのディスクトップに戻るので再起動する。
ようこそ画面 入力項目なし
[進む]
ライセンス情報画面 入力項目なし
[進む]
一般ユーザー作成画面 ユーザー名、フルネーム、パスワードの入力、ネットワークログインを使用する、高度な設定のボタンもある
ユーザー名、フルネーム、パスワード、パスワードの確認を入力する。
[進む]
日付と時刻の画面 時間が9時間進んでいる
[進む]
ハードウェアプロフィール画面 プロフィールを送信するとプロフィールを送信しないが選択できる
[プロフィールを送信する]に変更して[終了]
ログイン画面になる。

Fedora14もUbuntuと同じくVMware Player上のHDMI経由では音声が出ない。

関連リンク

タグ:Fedora
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。